​RUNNING ACADEMY

(日本語の案内は下記にありますので、是非ご覧ください)

COVID19: we are offering our coaching sessions in a COVID-safe way. Our next dates will be Sundays 19 Sept, 24 Oct, and 21 Nov at Battersea Park. Please get in touch if you'd like to book a session.

コビッド19: コロナウイルス対策を取りながら, アカデミーセッションを提供致します。日にちは日曜日、9月19日、10月24日、11月21日にバターシーパークで提供いたします。ご予約をしたい方は是非ご連絡をお待ちしております。

In October 2017, I started a coaching collaboration with my friend and colleague, Atsue Morinaga, a therapist who runs her own practice in South Kensington specialising in acupuncture, massage and other treatments. Our ‘Running Academy’ sessions aim to provide comprehensive support to endurance runners of all abilities.  

Our sessions last for two hours and are designed for two runners. We hold them on certain Sundays throughout the year at the Millennium Arena athletics track in Battersea Park, London. A two-hour session includes the following:

  • An assessment of individual running history, current needs etc using a written questionnaire completed before the session;

  • A warm-up easy run on the track;

  • Glut activations, dynamic stretching and drills coached by Mara;

  • Running a short distance at medium and fast speeds to allow us to check your running form;

  • Video-recording of the above with feedback during the session, and video files sent electronically afterwards;

  • One-to-one time with Mara discussing topics such as putting together a training plan, nutrition, race preparation, choosing running shoes, managing injuries etc; or learning exercises to improve running form;

  • One-to-one time with Atsue doing therapy according to need, exercises to improve muscle activation, posture etc, taping, acupuncture etc.

  • Running a short distance again at medium and fast speeds with video analysis to check for any changes in running form before and after;

  • Time for asking specific questions about individual running needs or challenges;

  • Free use of the track, changing and shower facilities.
     

Atsue is originally from Japan, has lived and worked in the UK for 18 years, and speaks English and Japanese. After sustaining various sports injuries herself, she qualified as a physiotherapist in Japan, specialising in pain therapy. She has worked at orthopaedic hospitals in Japan, and practised shiatsu massage, Kinesio/Spiral taping, balance therapy and joint-mobilisation for many years. After moving to the UK, she obtained acupuncture and cranio-sacral therapy licences, and became interested in a holistic approach to treatment using Oriental medicine. She now treats patients using an approach which integrates Western and Eastern therapies. Her work with endurance runners focuses on preventing and recovering from injury, and improving performance by encouraging a more efficient running action.

Mara is a former elite athlete in the marathon and now a UK Athletics-qualified coach. She is the UK’s second-fastest female marathon runner ever (2:23:12), finished 6th in the 2008 Beijing Olympic women’s marathon, and is a London Marathon runner-up. After retiring from elite competition in 2013, she trained as a coach and now coaches runners of all abilities. Before becoming an elite athlete, she was a diplomat working for the Foreign Office, and she speaks English and Japanese.

 

We have decided to work together because by combining our skills and experience, we can offer a unique and comprehensive support service to runners. Both of us can draw on many years of experience in areas related to running such as optimising muscle function, adopting a lifestyle that is conducive to good training and health more generally, and injury-management. We can conduct sessions in English or Japanese, or a mixture of both.

Previous clients have provided the following testimonials about our sessions:

‘Mara and Atsue's Running Academy is the best advice you can get from a professional athlete and an expert in body mechanics and therapy…you are in safe hands to help you understand what needs to be corrected and improved. Some think that running is all about building endurance and speed…but having done two sessions I have seen that posture and running dynamics are important for efficiency and using less energy.  After the session, you will receive a very detailed video and personal exercises for both pre- and post-running.’ Jean-Jacques Lassabe, 3:27 marathoner

‘In my Running Academy session, Mara and Atsue looked in detail at my running, using their individual expertise. Mara gave advice on form, stimulating energy systems for training, keeping good posture when fatigued, nutrition, and how to prepare the day before and on race day. Atsue gave me tips on my bad running habits and weak points that I was not aware of, and the impact and injuries these habits may cause. As a result, I knocked 5 minutes off my PB in my key race of the season, finishing in 3:23. I am not so young so I thought I was at my limit, which made my PB all the more special. I’m so grateful for their detailed coaching.’

Toshie Barth, 3:23 marathoner

‘After 10 years of being inactive, I decided to take up running. At Mara and Atsue’s session I learned about the strong and weak points of my individual running form, muscle activation to run more efficiently, and self-care to help recovery. In April 2018 I just broke 4:30 in my first marathon, and in November 2018 I reduced my PB to sub 4 (3:55), completing it without walking at all. Now I am aiming for sub 3:30.’  Keishi Asahina, 3:55 marathoner

ランニングアカデミ-

2017年10月、鍼・マッサージをはじめ、様々な治療を提供する同僚、かつ友人である森永あつえとコーチングのコラボレーションを始めました。あつえはロンドンのサウスケンジントンで自身の治療院(easeoriental.com) をもつセラピストです。私達の"ランニングアカデミー”は、初心者からトップ選手まで全レベルのランナーに対し、包括的なサポートを提供することを目的としています。アカデミーは、2人のランナーに対し、2時間のセッションになります。ロンドンでは、年間を通し月に1〜2度、日曜日にBattersea Parkにある Millennium Arenaでアカデミーを行う予定をしています。2時間のセッションでは、以下の事を行います。

  • ランニング歴、現在、ランニングで抱えている問題など、個々に記入してもらった質問用紙の回答に沿って、セッション前にアセスメント

  • 軽いランによるウォーミングアップ

  • マーラ指導による臀筋の起動、ダイナミックストレッチとドリル(ビデオ)

  • ランニングフォームチェックのため、medium・fast スピードでの短距離走(ビデオ)

  • 上記のビデオ撮りしたものを一緒に確認しながら、フォームの分析とフィードバック− ビデオはセッション後、ファイルにしてシェア

  • マーラとの個別セッションでは、トレーニングプラン、栄養、レースに向けての準備、ランニングシューズ選び、怪我のマネージメント、またはランニングフォーム改善のためのエクササイズの習得など、知りたいテーマについてディスカッション

  • あつえとの個別セッションでは、必要に応じた、テーピングや鍼、徒手療法による全身調整と疼痛治療とマッスルアクティベーションやランニングフォーム改善のためのエクササイズの習得

  • medium・fastスピードで短距離走のビデオを再度撮り、セッション前と後で何か改善が見られたか確認

  • セッション後の質疑応答

  • トラック、更衣室、シャワーの使用は無料
     

あつえは日本生まれ、イギリスに18年間在住し、日本語と英語を話す。学生時代に多くのスポーツ外傷を経験した後、理学療法士として国家資格を取得、疼痛治療に専念。指圧、キネシオ・スパイラルテープ、バランス療法、関節モビリゼーションなどを修得しながら整形外科と一般病院で勤務をした後、渡英。渡英後、マッサージ・鍼灸・頭蓋仙骨療法などの免許を取得し、東洋医学の全身(心身一体的)アプローチに傾倒。現在は、東洋医学と西洋医学を融合させた独創的なアプローチで患者を治療。ランナーに対しては、パフォーマンスの向上を目指し、怪我の予防と治療、効率の良いランニングフォーム・アクションに焦点をあてアプローチ。

マーラは元エリートマラソン選手、現在は英国陸連コーチ。彼女は女子マラソン英国歴代2位(2:23:12)の記録保持者。2008年の北京五輪の女子マラソンで第6位に入賞、2009年のロンドンマラソンで第2位(自己ベスト)。2012年ロンドンオリンピック出場後、2013年に現役を引退。陸連コーチとしての資格を取得した現在は、全レベルのランナーに対応したコーチングを提供。エリート選手になる前は、外交官として英国外務省に勤務。英語と日本語を話す。

二人のスキルと経験を組み合わせることで、独自の包括的なサポートをランナーに提供しようと、私達はアカデミーを設立することにしました。ランニングに必要な筋機能の最適化に始まり、良いトレーニングや健康全般につながるライフスタイルの取り入れ、また、怪我のマネージメントなど、ランニングに関した分野で私達の長年の経験を活かすことができます。私達は英語または日本語、あるいは英語と日本語を組み合わせてセッションを行うことができます。

れまでにセッションを受けたランナーは、次のようなフィードバックをされています:

マーラとあつえのランニングアカデミーは、プロのアスリートと、身体メカニクスと治療のエキスパートから得ることができる最も素晴らしいアドバイスです。ランニングは、耐久性とスピード練習が全てだという人もいますが、二人のセッションを受けたことで、ランニングフォームとダイナミクスは、ランの効率化とエネルギー消費量の削減に重要であることがわかりました。セッションの後、セッション前と後の詳細なビデオと個人エクササイズのビデオを受けとるでしょう。Jean-Jacques Lassabeさん, 3:27 マラソンランナー

ランニングアカデミーでは、お二人のそれぞれの専門性を活かして細部まで指導していただきました。マーラさんには、フォームはもちろんのこと、練習での心肺機能の向上の仕方や、後半にもヘタレない脚作りや食事、末はレース前日当日の過ごし方に至るまで、そして森永さんには自分で気づくことはなかったランニングの際の身体の癖、それにより起こり得る身体の故障、元々の身体の弱点の指摘と指導を受け、今のランニング生活の土台になっています。結果、春の勝負レースでは前年の自己ベストを5分縮め、3時間23分を出すことができました。年齢もあるので、そろそろ限界かなと思っていたので、このタイムは本当に嬉しかったです。的確なご指導ありがとうございました。

Toshie Barthさん、3:23 マラソンランナー

社会人になって10年以上運動をしなかった後、一念発起をし、ランニングを始めることにしました。セッションでは、自身のフォームと理想のフォームの相違を認識し、疲れにくく効率的に走るための正しい筋肉の使い方、ダイナミックストレッチ、疲れを残さないためのセルフケアについて、指導を受けました。 2018年4月、初のパリマラソンでサブ4:30達成、そして2018年11月は、効率的なフォームで走ることにのみに集中し、初めて歩くことなく完走。タイムも念願のサブ4(3:55)達成。2019年はサブ3.5を目指したい。

Keishi Asahinaさん、3:55 マラソンランナー